2010年04月15日

Racoon in the City

On my recent trip to the U.S. I went running every morning in whichever city I was in.
先日アメリカへ出張へ行った際、私は滞在したどの都市でも毎朝ランニングをしました。
On my 2nd morning in New York City I took some running buddies to "the reservoir" (See "Jacqueline Kennedy Onassis Reservoir" on the Central Park Running Map attached) which is a favorite jogging loop for Manhattanites. (When I lived in New York City from 1986 to 1991 this was my favorite place to run). Even though it was 6:30am in the morning there were many joggers and bicyclists in the park.
ニューヨーク2日目、私はランニング仲間を募ってセントラルパークの中にある"the reservoir"(貯水池)まで へ行きました。(「セントラルパークランニングMAP」参照)
ここは、マンハッタンの人々のお気に入りのジョギングコースです。(1986-1991年の間、ニューヨークに住んでいた時もやはりここがお気に入りのジョギングコースでした。)
早朝6:30であったのにもかかわらず、セントラルパークには多くのジョガーとサイクリストたちであふれていました。
CentralParkRunningMap-1.pngセントラルパークランニングMAP    jogging pals.jpgRunning Buddies


Soon after we started running around the reservoir to my surprise I happened to spot a raccoon enjoying the beautiful scenery Manhattan skyline (see picture). Apparently the raccoon population in Central Park is quite large, and growing.
貯水池のまわりを走っていると、驚くべきことに、アライグマを発見。アライグマもマンハッタンの美しい景色を堪能していたのでしょうか。
セントラルパークのアライグマの数は、かなり多く、しかも増加中の模様です。

raccon.png 美しいマンハッタンの街並み・・・とアライグマ。
 
A few minutes later as we were running down the streets of Manhattan, dodging pedestrians and cars, I was thinking how strange but fantastic it was that in the midst of bustling New York city wild animals were still thriving!
我々が走っていたマンハッタンのストリートから数分のほど近い場所では、通行人と車が早いスピードで行き交っていました。この光景を目の当たりにし、ニューヨークの喧騒の中で野生の動物たちが生き延びているのは、なんと不思議で素晴らしいことだと思いました。

nycity.jpg


JBB


posted by Bravo! at 15:11| 東京 ☁| 社長JBBのつぶやき | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。